種類によって変わるフローリングコーティング

コーティング剤の種類

フローリングコーティングは、塗布するコーティング剤選びによって機能性を選ぶことが出来ます。それぞれに耐久性や安全度、その他の違いがあるので覚えておくと良いでしょう。

コーティング剤の人気ランキング

ウーマン
no.1

老若男女・ペットも安心のUVコーティング

様々なコーティング剤の中でも、安全性重視の方に好まれているのがUVコーティングです。こちらは施工時にコーティング剤が揮発しないため、有害な物質や臭いの発生がほとんどありません。また耐用年数も数十年とかなり長いため、子供やペットのいる家庭で人気となっているのです。

no.2

足腰にやさしいシリコンコーティング

数あるコーティング剤の中でも、屈指の滑りにくさを誇っているのがシリコンコーティングです。適度に光沢がありながらもツルツルとした触感が無いため、ペットを飼っている家庭で人気のコーティングとなっています。また、耐用年数も比較的長めとなっています。

no.3

頑丈なガラスコーティング

液剤のガラスをフローリングの表面に塗布するガラスコーティングは、安全性と耐久性を兼ね備えたコーティング剤として人気となっています。こちらは経年による表面の酸化が少なく、また舐めても大丈夫なことから子供のいる家庭で好まれるコーティングです。

no.4

定番コーティング剤、ワックス

「安価でフローリングに新築時の光沢をもたせたい」という方に人気なのがワックスです。こちらは外観以外の機能性はあまりなく耐用年数も低めですが、その分安価で塗り直しも効くため「床の見た目を綺麗にしたい」という方にはうってつけのコーティング剤となっています。

no.5

リビングに適したウレタンコーティング

ワックス以外のコーティング剤と比べて安価なのがウレタンコーティングです。こちらは摩擦に強いため家具の引きずりによる傷がつきにくく、防音性能もあることからリビングに適したコーティングと言えるでしょう。

種類によって変わるフローリングコーティング

部屋

住宅環境に合わせて選びましょう

上記ランキングを見ても分かる通り、目的に応じてコーティング剤を選ぶことが重要です。「見た目を綺麗にする」のか、「ペットの負担を和らげる」のかなど、理由を明確にしてからコーティング剤を選択すると良いでしょう。

インテリア

素材によって変わる金額

事前見積で依頼も安心

男の人

コーティングの施工業者の殆どが、WEB上で無料見積もりを行っています。塗布するコーティング剤と面積、希望するオプションサービスを入力するだけで簡単に見積が可能なので、各業者ごとに見積もりを出してみると良いでしょう。

保証サービスを利用する

女性

フローリングコーティングを依頼する際には、保証サービスがある会社を選ぶと良いです。10年保証などのサービスに加入すれば、施工から10年の間に劣化したコーティング箇所を無料補修してもらえるので、万が一劣化しても安心です。ただし、コーティング剤や劣化場所によって補修が難しい場合もある点は注意しておきましょう。

コーティングを依頼する流れ

室内

業者選び・費用の見積もり

フローリングコーティングを依頼する際には、まず業者同士の比較・検討を行いましょう。価格の違いだけでなく、業者ごとに独自のコーティングを施工している場合があるので、見積もりを依頼しよく吟味しましょう。

依頼を受けて確認・施工

依頼先が決まったら、WEBまたは店頭、電話で施工を依頼しましょう。依頼が完了したらまず現場の確認を行い、詳細な費用を算出します。その後施工を行う流れとなっています。

立会確認を行い施工完了

施工後は立ち会いでの仕上がり確認を行います。ただしコーティング剤によって乾く期間が異なるため、最短で即日~数日後と立会期間には大きなばらつきがあります。立会時に不満がなければ、施工完了となります。

広告募集中