フローリングによって引き起こされるペットの病気とは?

ペットが本当に過ごしやすい住宅とは?

ペットと共に生活している方の多くが、ふとした瞬間に「この家はペットにとって住みやすい住宅なのだろうか?」と考えます。人間にとって快適な住宅であっても、それがペットの生活に適しているかどうかは全く別問題なのです。

ペットにとって住みやすい住宅のチェックポイント

  • 滑りにくく、踏ん張りの効く床である
  • 多少走り回れるほどの広さがある
  • 暑すぎず寒すぎない、温度調節のされた空間である
  • 何かあった際、ペットが隠れる場所を確保してある
  • 隅々まで掃除がしやすく、ほこりが溜まりにくい住宅である
  • 騒音が少ない地域である、もしくは防音性の高い家である
  • 階段の角度が急でない、登りやすい高さである(もしくは階段の無い平屋である)

フローリングによって引き起こされるペットの病気とは?

犬

ペットの足腰が弱る原因

犬や猫を室内飼いしている家庭は多いですが、室内飼いのペットに多く見られるのが関節炎やヘルニアなど足腰の病気です。そういった病気の大きな原因として、フローリングの存在が挙げられています。

犬

滑りやすい床の危険性

動物は人間より遥かに走り回る機会が多いです。そのため、フローリングなどの滑りやすい床で走り回る行為を続けていると、踏ん張りを効かせる際に足腰に強い負担がかかってしまい、ヘルニアや関節炎といった病気につながってしまうのです。

滑りやすさを軽減する方法

逆に言えば、「滑りやすさ」さえ対処できれば安全な床になる、とも言えます。敷物などを使わず、フローリングの良さを維持したまま安全な状態にしたいなら、滑りにくいコーティング剤を上から塗布してもらうと良いでしょう。

広告募集中