ペットのために出来ること~フローリングで安心して飼うためには~

ペットに配慮した家づくり

ペットの安全に考慮し、フローリングにペット用のコーティングを行なう方が増えています。では、コーティングを施すのと施さないのとでは、ペットにどのような影響があるのでしょうか。

コーティングの有無による違い

コーティング有りの場合

フローリングにコーティングを施すことで、床の滑りを無くしペットへの負担を和らげることが出来ます。また、ペットは人間より床に近い分、床が不衛生だと病気になりやすくなってしまいます。しかしコーティングを施せば抗菌性が高くなるため、雑菌などの繁殖も防ぎペットの健康に大きく貢献します。

コーティング無しの場合

フローリングに何も加工を施さない場合、滑りやすい床だとペットの足腰に負担をかけてしまいます。また、ペットによる引っかき傷やおしっこのシミなども年々増えていくため、ペットのいない家庭に比べてフローリングの劣化は早まってしまいます。

ペットのために出来ること~フローリングで安心して飼うためには~

犬と飼い主

フローリングの劣化を防ぐには

ペットによるフローリングの劣化は、コーティングを施したとしても100%防ぐことは出来ません。そのため、日頃からフローリングが傷まないよう環境整備を徹底することが大切です。

ドッグ

爪とぎの場所を必ず用意しましょう

ペット(特に猫の場合)、爪とぎ場を用意してあげないと壁やフローリングで爪を研いでしまいます。爪による引っかき傷は結構目立ちますし、傷の中に汚れが溜まると掃除も難しくなってくるため、フローリングに傷をつけさせないことが大切なのです。

犬

トイレは二重の備えを

ペットのいる家庭でフローリングが傷みやすいもう一つの理由が、トイレです。ペットがトイレ外でおしっこをしてしまうことは少なくありませんが、フローリング上におしっこをすると段々と染み込んでいき、床材の劣化を急速に早めてしまいます。そのためトイレスペースにはタオルなどを敷いておく、しつけを徹底するといった工夫が大切になります。

室内で暮らすペットの為にあると良いアイテム

  • マット(滑りにくく、吸水性のあるものだと◎)
  • ケージ(体長の2~2.5倍ほどあると◎)
  • サークル(ケージと同様広さがあると◎)
  • 空気清浄機
  • 重曹スプレー
  • ローラー

広告募集中