床は傷つきやすい

家の床は、経年による劣化を感じやすい場所となっています。毎日人が往来を繰り返す以上、床に傷がついたり汚れてしまうのは仕方がないと言えるでしょう。住宅内部をいつまでもキレイに保つためには、定期的に床のメンテナンスを行わなければいけません。

失われた床の輝きを、フローリングコーティングで蘇らせよう

男女

ワックス加工のメンテナンス周期

一般家庭の床材として最もポピュラーなのがフローリングですが、フローリングにはワックス加工が施されている場合が多いです。ワックス加工の場合、パフォーマンスを保つためには1年~2年に1回ペースで塗り直さなければいけません。

部屋

フローリングコーティングとは?

近年ワックスと並んで人気となっているのが、フローリングコーティングです。こちらは一見するとワックスと同じような外見となっていますが、耐用年数やメンテナンス頻度に大きな違いがあります。

ファミリー

長い耐用年数が魅力的

フローリングコーティング最大の魅力が、その長い耐用年数です。フローリングコーティングは一度施工してしまえば、それから最低でも10年、長ければ30年ほど機能性を維持することが出来ると言われています。

ただのコーティングではない

フローリングコーティングの機能は、「床をキレイに保つ」ことだけではありません。最近では菌の発生・付着を防ぐ抗菌仕様のものや、滑りにくく安全性の高いタイプのコーティングも登場しています。

これだけある!フローリングコーティングのメリット

  • 最長で30年以上も長持ちする耐用年数
  • 光を反射するようになり、部屋がより綺麗に見える
  • ゴミや液体によるフローリングの侵食を防ぐことが出来る
  • 隙間にゴミが入り込まないため掃除の手間が大幅に削減できる
  • UV剤なら紫外線による劣化も大幅に防ぐことが可能
  • 火事や水漏れといった災害も防げる
  • 滑りにくいシリコン剤なら安全性も高い(ペットや子供、高齢者に特に安全)

[PR]
ペットならフローリングをコーティング
業者選びをチェック!

広告募集中